安いものでも少しの手間と時間で効果大

私のスキンケアのもっとうは、いかに安く肌を綺麗に保つかです。湯水の様にお金をかけたら肌は維持できると思いますが、一般人の私にはそんなお金はありません。なので、私はまず洗顔は石鹸をたっぷり泡だて撫でるように洗います。そして安い化粧水をジャブジャブ使い水分を与えます。乳液は化粧水と同じメーカーのものを使い、クリームは少しいいものを使うようにしています。週に2~3回はパックもするようにし、その時にはスチーマーも使い時間をかけて浸透させます。お金をかけられないので少し時間と手間をかけてあげ、その分カバーするようにしています。

スキンケアに必要なのはまず保湿です!

これまで色々な化粧品を試してきて思ったことが、スキンケアに必要なのはまず肌を保湿するのが大切だということです。

私は乾燥肌ですが、学生の頃はニキビが出来ているからといってさっぱりした化粧水を使ったり、洗顔もニキビ肌用のものを使ったり化粧水の後の乳液を使わなかったりしていました。

そのせいで肌の調子は一向に良くなりませんでした。

根本的に見直そうと思い色々調べた結果、乾燥が原因で肌がテカる事も多いということで、私自身も保湿するよう心掛けたところだいぶ肌の調子が落ち着いてきました。

やはりどんな肌でも保湿は肝心だということが分かりました。

アルガンオイルで保湿!

私は乾燥肌なので、毎日の保湿が欠かせません。

夜、お風呂からあがったらすぐにオイルをつけます。最近のお気に入りはアルガンオイルです。店頭ですすめられて購入し、今のところ自分の肌にもあっていて、その後の化粧水の浸透、もちが違う気がするので続けています。

始め、化粧水の前にオイルをつける事に抵抗がありました。ですがアルガンオイルの店員さんから「その方が肌を柔らかくして、化粧水の浸透を良くする」という説明を聞き、今はその順番が気に入っています。

しかも、先にオイルをつけることで、その後すぐに化粧水をつけなくても、肌がパキパキになることなく、私は先に髪をドライヤーで乾かしたりしています。

アルガンオイルに出会う前は、とにかく顔の保湿を先にしていたのですが、今では風呂上りの保湿作業に余裕ができました!

正しい洗顔方法で美肌をキープ!

洗顔は余分な汚れを落とすだけで、ゴシゴシせず泡を肌に押し当てて汚れを泡に吸収させて洗うことが正しい洗顔方法です。

ただ、泡を作るのは面倒な作業になるので泡立てネットや泡だて器を利用すると便利だと思います。個人的にはネットの表面積の大きさと素材を重視して洗顔ネットを利用していますが、素材により耐久性と価格が変動してきます。また、ネットの表面積の大きさにこだわる理由は、泡の量やできるスピードに関係してくるからです。

代表的なのは1.ポリエステル 2.ポリエチレン 3.オーガンジーの3つの素材になります。

1.ポリエステル

劣化しにくく耐久性に優れておりコスパの高い素材

2.ポリエチレン

シンプルで耐久性に優れていますが、ポリエステルと比較すれば耐熱性には難があります。

3.オーガンジー

割高にはなりますが網目がとても細かいので、キメ細かい泡を作りたい方にはおすすめです。

ニキビ跡の赤みを治す化粧水ランキング-失敗しないニキビ化粧水の選び方とは-|ニキビ化粧水LABO
http://nikibiatocosme-labo.com/
ニキビ跡 赤み

ページのトップへ戻る